Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第2戦野尻湖マリーナCUP

2013年01月20日() 長野県 野尻湖

対象魚:ワカサギ

2013年、幕開けとなる第2戦野尻湖マリーナCUPが大寒の1月20日にわかさぎ釣り強豪選手17名にて開催となった。

野尻湖マリーナ様といえばわかさぎ船の中では最も歴史が深く野尻湖でのワカサギ船の中でも非常に人気の高い船宿でもある
今回より大会名称が「NBCわかさぎチャプター」と正式に変更となりいつもながら船内は船選手同志の口撃戦もふんだんに飛び交う中、終始、和気藹々のムードで試合が進められた。

通年の状況として水温4℃を下回ると急激に濁りが発生し、ターンオーバーの極限に達し、極端に食いが落ちる状態となるが昨年の夏からの大減水から流入河川からのフレッシュな水が遅くなって入り込んだ事から今シーズンは例年から比べると好調で、場所、水深によって喰いの立つ場所が明確で特に冷え込んだ日の朝方は非常に食いが悪いが9時以降から次第に食いが良くなるのだと船頭さんからの情報であった。

スタート直後から9時近くまではアタリの出方が一向に進まず激渋り状態であったがそれ以降からポツポツと次第にアタリも出始めるが午前中は数、型ともに上がらずの状態で、全ての選手が苦戦している中、船首前方の釣座を陣取る選手達にアタリが集中する。
一方、船尾側では姫マスの猛攻に会いライントラブルでタイムロスが発生していた。

席替え後の午後の部では午前中苦戦していた前回の優勝者でベテランの服部選手、安斎選手が一気に数を上げて午前中からの巻き返しを図る。
また午前の段階で匹数トップであった小林選手は移動した後も確実に数を伸ばしていたが結果からいうと意外な展開となり、匹数では小林選手が164匹とトップであったが残念ながら重量が及ばず初出場である杉田選手が163匹、266.5gで優勝となった。
また初参加の立川選手が重量差で準優勝となった。

表彰式では10.7僂里錣さぎをウェイインした久保田選手が表彰されブービー賞では太田選手が野尻湖マリーナの無料乗船券を手渡され、今回もまた目玉でもあるジャンケン大会も盛大に行われ非常に楽しく無事開催することが出来ました。

今回、会場をご提供して頂き、メインスポンサーとしてご協賛頂きました
野尻湖マリーナ様他、多数のご協賛メーカー様、各位様に心よりお礼を申上げます。

おしまい。

●開催日  平成25年1月20日(日)
●開催会場 長野県 野尻湖(野尻湖マリーナ)
●ポイント 弁天島南沖
●天候   雪
●水深   27.5m
●水温   2.4℃(表層 10:00現在)
●風向き  北〜西(風速2m)

参加者数  17名
船内総匹数 1913匹
船内総重量 3,272g

成績表

順位氏名総重量ポイント重量+匹数
11位 杉田康裕 2671632020Pts.429.5
22位 立川新 2691531919Pts.422
33位 小林紘也 2451641818Pts.409
44位 関之台一寿 2281351717Pts.362.5
55位 服部正嗣 2111251616Pts.335.5
66位 安斎友樹 2081241515Pts.332
77位 鈴木仁 1941211414Pts.315
88位 塚田将博 1991111313Pts.310
99位 武者雅広 1921101212Pts.302
1010位 荒川博行 193991111Pts.292
1111位 山本政三 18710155Pts.288
1212位 片山芳隆 1879955Pts.285.5
1313位 山本圭克 17510255Pts.277
1414位 石岡正成 17210455Pts.276
1515位 久保田克之 1669555Pts.261
1616位 太田勝視 1156755Pts.182
1717位 安武敬明 664055Pts.106

写真の閲覧方法


近日開催

  • 2017-08-19 ソルトチャプター宮城第3戦
  • 2017-10-15 ソルトチャプター宮城第4戦
  • 2017-11-19 ソルトチャプター宮城第5戦

参加方法など

最近のトーナメント

会場別

  • 2016年度 第1戦

年月別

TOP